2014年06月10日

DDRヒストリー第12話「稼働日に見た超次元レベルに絶望」

長いエスカレーターを上がって店内を見て驚いたのは1列に並んだ人の行列!?
まさかと思いぐるりと回り込んで列の先端を確かめに行きそこに在ったのはトイレ前のDDR2ndMIXだった!?

店員が列最後尾の看板を書き直し列の横に置いたのですが…
「DDR2ndMIXただいま約2時間半待ち」
ま、まじかよ!?

※あとから聞いた話では祝日ってのと他に入荷した店がどこも200円だったため人が集まったらしいです。

折角来たんだからっと知人と共に並び待つ事1時間半…
後ろの方だと見るものが他のゲームしかない為暇でしたがやっとDDRをプレイしている姿が見え始めて気分が高まってきました!

そうして俺達の3組前の男性二人組がなんとmaniacを選択!?
湧くプレイヤー達!
そして新曲の「I belidve in miracles」をプレイしたのですがそこに現れたのは矢印の壁であった(笑)

そう、これが初めて見た16分譜面だったのである!?
PARANOiAが可愛く見える様な超絶難易度を難なくクリアして続いて「BRILLIANT 2U」を選択。
これまた理解不能な謎リズムに唖然とする俺達。
そして、ヤツが現れた。
青色のディスクに高速で鳴り響くドラム音…
そう…「PARANOiA MAX」がその姿を現したのであった!?
湧き上がる場の空気に答えるかのように迷わず決定ボタンを押し画面中央に表示される「190」の文字!

俺達はまだ見るべきではなかった。
理解不能な速度で上がってくる矢印群、複雑な配置、似ているようで似ていないその曲の存在に唖然と傍観するだけの俺達を放置し遂に最後の通称「パラノイアの滝」に差し掛かった時に絶望の2文字しか頭に浮かばなかった。
途切れることなく終わらない超高速の矢印のラッシュ…

しかし踏み切れずいつ終わるのか分からない状態のままゲージが無くなりそこで閉店。

その時の知人のセリフが頭から離れなかったです。
「なぁ…あれ…ダンレボだよな?足でやるものだよな?」

後に知りましたがそのプレイヤー達こそあの有名な「モナコ四天王」の方だったのです。



続く!
posted by COMBOの鬼 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

DDRヒストリー外伝「Beat Mania UDX出会い編」

初代DDRが賑わいだした頃、チルコポルトに突如現れたロケテスト台…
巨大な液晶モニターに床下の振動、左右対称に配置されたスクラッチに大量のエフェクトレバー…
それは今までの常識を覆す超大型音ゲーの登場であった…

DDRの順番待ちが長くなった&新筐体に興味津々だったので早速プレイ♪
ロケテストって事もあり200円と高額でしたがスタートすると早速選曲画面へ。
システムは通常の5鍵盤と変わらずスクラッチで選曲し鍵盤で決定。
ディスク下に表示された☆の数が難易度で1〜5まである。
幸い全7曲中4曲は通常ビーマニにも収録されている曲で曲が分かる分練習には最適と思いいきなり☆4の20.Novemberを選択♪
200円も支払って1曲目でクリア出来なかったらどうしようと決定してから焦りましたがまさかの…

聞き慣れた音楽と共に同じリズムで譜面が降りてきて演奏を開始する♪
どうやら鍵盤のリズムは5鍵盤と同じ様で安定してゲージを増やしていく。
違和感があったと言えばラインに重なった時ではなくラインの上に緑のオーロラみたいなのが出てる部分がベストタイミングだったこと…
でも異様に広いGOOD判定に助けられながら演奏していき曲を無事にクリア♪し・た・の・で・す・が…
鍵盤5つしか使ってないし譜面同じじゃねぇか!?(爆)

その後、新曲をプレイし2曲目も無事にクリア♪
そして3曲目、突如現れた「グラディウシックセイバー!?」
☆が5つしか並ばない枠に無理やり6つ詰め込んだその存在は圧巻で早速プレイ♪
しかし、7鍵盤に慣れているわけでもなくリズムが不規則な為ゲージは40%くらいから上に上がる事なく終了…

その後数日間ロケテストは実行されてましたがプレイヤーはあまりおらずやったプレイヤーはグラディウスをやって…
「なんだこの騒音曲は!?」
っと愚痴る人ばかり…
このゲーム駄目かもと感じたのですがこの数年後、3rd styleで大ヒットをするとは思いもよらなかったです。

1998年秋の事でした。
posted by COMBOの鬼 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

DDRヒストリー第11話「時は流れ新時代がやってくる…」

初めて見るDDRのイベント、様々なステップを披露するプレイヤー達、湧く会場!
その日俺は歴史の証人になった気がした。

しゃがみながらプレーする人、全く上半身を動かさず不動踏みをする人…
色々なプレーを見せられ次は俺の番!
譜面を大方暗記しているので得意の回りながらフルコンで浴びるような驚きの声を貰い大満足☆
知人も得意の片足プレイを披露し大盛況の中イベントも終盤に差し掛かった時にあのプレイヤーが台に上がった!

曲が始まると同時に拍手の嵐の中踏み始めた彼だったのだが…
普通に真面目踏みをして普通にクリア。
あれっ?っと知人と見合わせた時に歓声が上がった!?
なんとグレート1のフルコンボ!?

こうしてイベントは終了し表彰が始まった。
スコアの方はその彼が優勝し表彰される時にスタッフから聞かれた事への返事は忘れない。
スタッフ「今日はパフォーマンスではなかったですね」
彼「えぇ、人前で踊るの苦手なんで」
ドッと湧く会場!
きっと有名人だったんでしょうね、場の空気に慣れてる感がハンパなかったです。


こうして初めてのイベントが終わり大興奮の中帰路についたのでした。

ちなみに、パフォーマンスの方の優勝者は何をやられた方だったのか全く記憶に残ってなかったので割愛(笑)
帰り道、知人とあの彼のスコアもパフォーマンスも凄い実力に感動した話で持ちっきりだったのは言うまでも無いでしょう…





そして時は流れ1999年3月、無事車の免許もゲットしたある日のこと。
久々に知人から連絡を貰い京都の「モナコの湯」にてDDR2ndMIXが稼働しているとの情報を聞き翌日親の車を借りて出陣したのだった。

※モナコの湯とは1階が銭湯、2階がゲーム、3階がボーリングになってる複合施設で銭湯の上にゲームセンターがあるので店内がとても暑い店である(笑)

店内に入り長いエスカレーターを上がったところで驚くべき光景を俺達は目の当たりにするのであった…


続く!
posted by COMBOの鬼 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

DDRヒストリー第10話「初めての遠征とイベント」

1998年末、知人に誘われてDDRの聖地、茶屋町チルコポルトへ俺は来ていた。
実は今日、ここの表台でDDRのイベントが開催されるのである!?
俺にとっては初めての遠征&イベント参加…
高ぶる思いを抑えながら開店と同時に店へ行った。

なんと今回のイベントルールは当日の朝に公開されるという事で早速下見に来たのだが…
なんだこの人の数は!?
まるで人がゴミのようだバルス!!(笑)

初めての梅田の賑わいに感動を覚えつつ本日の課題曲「little bicchi」を確認し早速別の店に移動して試し踏み♪
ちなみに今日のルールは課題曲をプレイしてスコアの順位と審査員によるパフォーマンス得点の2つを同時審査するってルール。
正直フルコンボは出来ても得点で上位に立てる気もしないしパフォーマンスにそれ程自信があるわけでもない。
なので今回は世間の荒波に揉まれて揉みくちゃにされるのが目的(笑)

そうして昼ご飯を食べまた別の店のDDRに移動。
つか歩いて行ける近場に5件も置いてる店があるって話には驚愕しましたね!?

そんな中とあるお店で凄いパフォーマーを見た…
驚く身のこなし、流れるような振り付け、空踏みを含んだ複雑なステップ…
知人と共に見とれる程凄いモノを見て立ち尽くしました。

そうこうしている間にイベントの時間が近付いてきたのでチルコポルトと移動。
夕方の表台の周りには相変わらずの凄い人。
とりあえず知人と共にエントリーしそのあたりをウロウロしていたら…先程見かけた凄いパフォーマーの姿が!?

肉湧き血踊る高ぶる気持ちが最高点に達したその時、イベントスタッフが開始の宣言をしたのであった。


続く!
posted by COMBOの鬼 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

DDRヒストリー第09話「再びフッチー登場」

あれから練習の日々は続いた。
Anotherではlittle bicchiの方がPARANOiAよりもフルコンボするのが難しいなど突っ込み所もしっかり押さえmaniacレベルに手を出し始めていたのだが、それでもPARANOiAは強かった。

まるでクリア出来る気がしなくダブルにも手を出していた頃フッチー君と久し振りに会った。

フッチー「大分苦戦しているみたいだね、最近上手い人はAnotherにミラーを入れてやってるから練習するならやってみたら?」
ほぅ、まさかコマンドの複数入力が出来るとは知らなかった。
早速プレイ♪
まずはモードセレクト画面でAnotherコマンド。
↑↑↓↓↑↑↓↓
続いてミラーコマンド
←→←→←→←→
入力完了し早速選曲画面に入ると画面中央にPARANOiAの姿が!?
なんだこのデジャヴは…
前にも同じ様な経験をした気がしつつbutterflyを選択すると画面中央に文字が3つ…

Another
double
mirror

doubleにもAnotherがあったの!?
つか1曲目なのにfinal stage!?
予期せぬ新譜面に翻弄されながらもなんとかクリアし後ろを振り返ると既に居ないフッチー君…

待ってる人が居たので順番を譲り何が起こったのかを冷静に分析する…

まずAnotherのコマンドが…
↑↑↓↓↑↑↓↓
続いてミラーのコマンドが…
←→←→←→←→
んで何故か入ってたダブルが…
↑↑↓↓←→←→

な…なんだとぉー!コマンドの中にコマンドが仕込まれているだとぉ!?
ぬぅぅぅ…フッチー君、情報を与えると共に罠を仕掛けて行くなんてなんて恐ろしいヤツなんだ!

1998年の年末はもうすぐの寒い夜の出来事であった。



続く!
posted by COMBOの鬼 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

知恵は時に想像の域を超えて新しい世界を見せてくれる!

たまには気分を変えて雑記でも…

子供の頃思い付いた究極のアトラクションがある。
今日はこれを紹介したい!



人は安全な場所で危険な状況を疑似体験して快楽を得る事の出来る生物である。
絶叫マシンとかが良い例で微量ではあるが脳内麻薬が分泌される場合もあるらしい。

更に吊り橋効果ってのを知っているだろうか?
危険な場所で告白されるとドキドキを勘違いするってやつである。
これを上手く取り入れているのがホラー映画である!
ホラー映画には80%の確率でエロスなシーンが存在している。
このエロスなシーンはホラー映画の中だからこそ興奮するって事が多々あり昔テレビのロードショーでホラー映画が放送される時にはかじり付くように見ていたのも懐かしいと思います。(えっ?オイラだけ?汗)


さて、以上のポイントを踏まえて簡単に出来て恐怖とエロスで興奮できるアトラクションにこんなのはどうだろう!

1.まず公園のブランコの下を少し掘る
2.そこに仰向けに寝転がる
3.ブランコにスカートを履いた女性が立ち乗りする!

どうよこれ?
まさに恐怖とエロスが楽にダブルで味わえる究極の理想的大人アトラクションではないだろうか?


知恵とエッチ、反対から読んでも…素晴らしい。
posted by COMBOの鬼 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

DDRヒストリー第08話「進化したDDR」

Another butterflyを初めてのプレイ!
まぁPARANOiAをクリア安定してきた俺なら余裕だろうと思ってた矢先にバランスを崩すステップが出現!?
なんと斜めに飛ぶジャンプ譜面が登場したのである!

※家庭用を持ってる方は見てもらうと分かるかと思いますが、初代DDRには同時押しは↑↓か←→の同時しか無くAnotherにのみ↑→の同時や←↓の同時が出現するのである!

こうしてbutterfly、Let's get downをクリアして再び宿敵のPARANOiAとの戦いに挑んだのだった。
ちなみにAnotherのPARANOiAは足レベル最高の7!?
前人未踏の領域とは上手いこと言ったもんです(笑)

そして結果は惨敗。矢印が増えているのがコレほど難易度上昇に繋がるとは…
自らの実力不足を痛感しチルコポルトを後にしたのであった。




それから暫くはAnotherに手は…足は出さず通常譜面にミラーを入れたスタイルでプレイして修行をしていた。

そんなある日DDRがバージョンアップしたと知人から連絡があり早速行ってみた!
そこにあったのは驚愕の難易度「maniac」を搭載した新DDRであった。
早速プレイしてみて変更点に驚きながら見事PARANOiAをクリアしたら更に選曲画面に入った!?
後に語られるエクストラステージであった。
なんとfinalstageでボス曲をクリアした時にゲージがMAXだと1ランク上の難易度から1曲遊べるのである。

なのでリベンジとAnother PARANOiAを久々に挑戦したら…
あっさりクリア!?
もしかして知らないウチに滅茶苦茶レベルアップしていたのかと感動したのは忘れないがそれには理由があったのである。

実は初期DDRのAnother PARANOiAのみ何故か曲と譜面が大きくズレていたのである!?
当時はネット環境も整ってなかったので知りませんでした。

そしてこの日からmaniacレベル制覇に向けての日々が始まるのであった。



続く



※この時の変更点紹介!
・新曲が2曲追加
・コンボが繋がると矢印が消えるようになった
・点数表時の色が変更
・DoubleのPARANOiA譜面が変更(一部追加)
posted by COMBOの鬼 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

DDRヒストリー第07話「勝利の代償」

再びPARANOiAに挑戦するために台に登った俺。
周りの観衆が見守る中、2曲をクリアし再びPARANOiAとの戦いの火蓋は切って落とされた!

前半は他の人のプレイで譜面も分かっており難無くゲージを増やしていき遂に問題のポイントに来た!
リズムが変わり4歩歩いた後に来る1+3連打!?
連打の速度に足が追い付かず連打の部分でゲージが減ったがギリギリで4回目の連打を突破!

その後は少しずつゲージを回復させ遂に後半の山場!
しかし俺が予想した通りだった。
コレはビジネスステップだ!
多分どこかで使われているであろうと予想していたのでバーを片手で掴み横向になって踏む!
かなりの速度だがここも何とか突破し最後の難所、連打地帯!?

ゴリゴリ削られ今にもゲームオーバーになりそうな状況の中ここも突破し遂に、クリア!!!!!\(^o^)/
ゼハゼハ息を切らしながら一気に上がる歓声に大したリアクションも出来ませんでしたが遂にクリアしたのだと実感に包まれ筐体から降りたら店員のヨシさんが話しかけてきた。

ヨシ「遂にやったなぁ〜あとはanotherだな!」
何となく予想はしていた。
まだ何かあるのだと…
だって、レベル5の曲が1曲も無いんだもん!(爆)

その日は足が限界だったのでプレイ方法だけ聞いて退散。
この日、帰宅しようと家に帰ったら玄関前で足の筋肉が肉離れを起こして玄関まで5歩の所で30分くらい動けなくなったのであった。




更に数日後…

今日も教習所の授業があるのにも関わらず全部は出席せずDDRやりに行った俺は店内に入るなり感動した!!
DDRの直ぐ後ろに並ぶ用のベンチと順番待ちの為のラインテープ、更には足元にDDRパネルと同じサイズでテープを使ってシャドー用のパネルと矢印が地面に用意されてる!!!!!?

あれから何度かPARANOiAをクリアし十分自信も付き踏みながらターンなども出来るようになった俺はいよいよAnother譜面に挑戦する事にした!

モードセレクト画面で↑↑↓↓↑↑↓↓
ダブル同様効果音が鳴りHARDで始めるとなんと曲の難易度が赤色の足に変わってどの曲もレベルアップしていた!?
先ずは様子見って事で慣れた「butterfly」をやってみたのであった。



続く!
posted by COMBOの鬼 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

DDRヒストリー第06話「今では見ないシャドー」

予期せぬ画面に表示された8つの矢印。
慌てる俺に構わず上がってくる矢印達。
慌てて踏もうとするがシングルすらマトモに踏めるレベルでない俺に捌けるわけもなく1Pから2Pに移動したところでパネルじゃない場所を踏んでる(爆)
慌てて足元を確認しながら何度もバーに捕まり踏み続けゲージギリギリでなんとかクリア。
1曲目じゃなかったらクリアできなかった…と肩で息をしながら達成感よりも九死に一生を得たと安堵感に包まれる。
多分拍手があったのであろうが気にする余裕も無かった。

これはレベル4やったら間違いなくクリア出来ないな…なんて考えながら次はLet's get downをやってみようと思った矢先に筐体が叫んだ。

GAME OVER!

そう、ダブルは100円で1曲、200円で3曲だったのである…
とりあえず筐体から降り次の人へ順番を譲りフッチー君の元へ…

フッチー「流石鬼君!一発であれをクリアするなんで凄いよ!?」
普段は人を褒めたりする姿をあまり見ないフッチー君が褒めているのに少し違和感を感じながらクリアした実感にやっと気付き全身に疲れが一気にやってくる。

そうしてフッチー君は用事があるからと帰って行った。
俺はもう一回くらいやろうかと後ろに並んで気付く…

40分待って1曲やってまた40分待ちかよ!?

フッチー君は突っ込まれる前に逃げ出したのを理解した。
鬼「あんにゃろぅ〜!」
そうして再び並んでいる時に前に居たプレイヤーがPARANOiAに挑戦しだした!

その時の光景は永遠に忘れることはないであろう…

なんと待っていた4人と後ろの待ちプレイヤーが画面を見ながら筐体外でプレイヤーと全く同じ動きをし始める!?
そう…順番待ちの間練習し始めていたのである!?

そして、PARANOiAの中盤リズムが変わるところであえなく撃沈。
しかし、俺はその時気付いていた。
PARANOiAは他の曲の譜面が混ぜ込んで作られているんじゃない?!
イケそうな気になって次のプレイでクリアしてやる!
と気合いを入れる!
意気込む俺に順番が再び回ってきたのはこの20分後であった。



続く
posted by COMBOの鬼 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

DDRヒストリー第05話「コナミコマンド初入力」

あれから数日、4つのパネルを如何に上手く踏むかを考え自分なりに解析しPARANOiAを倒すため走り込みもした!

教習所の講義が終わり今日は帰るだけ!
つまりいくら汗をかいても気にしなくても良いベストな状況!
そんな意気込みを持ちチルコポルトへ入ってみると…
なんか人が多い!?
徐々にだがDDRが楽しい事に気が付いたプレイヤーが増えていたのである!?

待つ事20分、3組がプレイを終え順番が回ってきた。
この時、前のグループがまだ未プレイの足4曲「ビジネス」をプレイしていたので踏み方を理解できており早速2曲目にプレイして見事にクリア♪

まず1クレジット目は足馴らしだ!
そう考えPARANOiAは選ばずに残る一曲で足4つの「little bicchi」を選択!

曲のスピードも早く何気に高難易度の配置に翻弄されるが予習で踏み方を研究した俺に死角は無かった。
見事ワンツーのボイスに合わせて拳を振り上げクリア♪

後ろにはまた数組の順番待ちが居たので再び後ろに回り込みPARANOiAを倒すため体を休める。
そんな時ビーマニ仲間のフッチー君が話しかけてきた。

フッチー「相変わらずゲーム上手いなぁ〜そいやこれコナミのゲームでしょ?コナミコマンド入れたらなんかあるんかな?」

※コナミコマンドとはグラディウスでお馴染み隠しコマンドである。

確かにそれは気になる…
待つ事40分、ようやく順番が回ってきて難易度選択画面で早速パネルを踏んでみる。
↑↑↓↓←→←→
踏み終わるとロゴ表示の時の効果音が流れる。

??????

特に何か変わったような気がしないままHARDを選び選曲画面になると中央にPARANOiAが!?
もしやこれは…
全曲解放隠しコマンド!?
うぉぉぉ大発見だと驚きながら足馴らしにbutterflyを選曲する♪

すると矢印が中央に寄って8個並んでる!?
これがダブル初体験の瞬間であった…



続く
posted by COMBOの鬼 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

DDRヒストリー第04話「傷心の昇進」

足3つまでしかまだプレイしてない状況で現れた足6つのボス曲「PARANOiA」!
流れるリズムも他の曲とは別次元を感じさせる重低音の響くハイスピード感…
しかし、自称ゲーマーの俺が観客の前で逃げるなんて出来るか?いや出来るわけがない!
俺なら出来る!やってやるぜ!
全身に力を入れたその時、制限時間が切れPARANOiAがセレクトされる(笑)
慌てて臨戦態勢になった俺の前に現れたのは髪の短い変なオヤジだった(笑)
今にも前方に居る女性に抱き付きそうな両手の位置に半勃起しているのか前のめりになった姿勢…
唖然とする中、物凄い速度で上がってくる矢印群!?

結果は惨敗だった。
基本が出来ていない上に全く追い付けない速度と交互に踏めない配置。
俺はそのまま店を後にした。
その後の教習所の授業がまるで頭に入らなかったと思う。


帰宅する頃には気持ちも落ち着き寝る時間になった。
今夜もあの夢を見るのかな?
実はこの数ヶ月前に学生時代から付き合ってた彼女と別れていた俺は悲しさから良く夢に見るようになってた。
人の記憶というのは残酷なもので悪い記憶はすぐ忘れるのに良い記憶ってのは中々忘れられない…
思い出が美化されるのはこれが原因なのであろう。
今夜も枕を濡らしながら朝を迎えるのだと布団に入り考えながら意識は闇に溶け込んでいった。



しかし、この日から夢に出てくるのは元カノではなくPARANOiAのオヤジであった!?
無表情で前のめりになりながら矢印を投げつけてくるその悪夢に全身汗びっしょりになりながらこの後しばらく夜中に目を覚ます日々が続くのであった。
そして、このころから高校を卒業と一緒にやらなくなってた深夜のジョギングを再開したのであった…



続く!
posted by COMBOの鬼 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

DDRヒストリー第03話 「PARANOiA現る!」

再びコインを投入し股間の高さのボタンを手以外で押したい衝動にかられるが、店員が見てる前ではマズいだろう(笑)
空気の読める未成年の俺カコイイ(笑)

さて、一呼吸おいてからhardを選ぶと先ほど選んだ曲が全て無くなり知らない曲がズラリと5曲も並んでいた(normalでは4曲だった)
これはやりがいがあると曲を見ていくと…
レベル1が無くなってさっきのMy fireと同じレベル4が最初から選べるだと…?

選曲時間もあまりなかったので早速目的のあの曲「butterfly」をセレクト♪
デモで流れてるアイアイヤ〜♪のリズムが凄く気に入ってたのでこれは凄く楽しいだろうと期待し曲がスタート♪

非常にノリの良いリズムと女性ボーカルに乗って聞き入りそうになった俺を現実に押し戻す上がってきた矢印群…
鬼「速っ!?」
先程プレイした曲とは比べものにならない速度で上がってくる矢印に翻弄されつつも必死についていき…
見事一発クリア☆
突然背後から聞こえる拍手の嵐!?
驚き振り返るといつの間にか見物人が数人!?
恥ずかしがりながらもちょっと嬉しく感じて次なる曲へ!

少し悩んで選んだのは「Let's Get Down」先程と同じレベル3の曲だがnormalには収録されてなかったヤツだ!
果たしてhardの曲はどのくらい難しいのか…
しかし、上がってきた矢印はそれ程早くもなく(目が慣れてたと思う)少し拍子抜けかと思ってたら予期せぬミスが…?
あれっ?っと思いながらも再度同じリズムのポイントで気付く!?最後の矢印が近い!
今で言う8分ズレである。
そんな中、中盤に突然現れた上下、左右、上下の3連続ジャンプ!?

やべぇ、この曲…滅茶苦茶楽しい♪

そして、再度同じ3連続ジャンプで曲が終了☆
再び観客からの拍手の中、無事にクリア出来たことよりも3連続ジャンプの魅力にハマった俺の頭の中にあったのは[楽しい]の一言だった

しかし、最後の曲の選択画面に突如出現した曲…[PARANOiA]画面に黄色い足マークが6つも並ぶその姿に血の気が引くのであった…
そして、これが15年以上続く俺とPARANOiAとの戦いの始まりであった。


続く!
posted by COMBOの鬼 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

DDRヒストリー第02話

ゲームをスタートすると画面に「easy」「normal」「hard」の3つのモードが表示された。

3歳の頃にファミコンをやり始めた自称ゲーマーの俺がeasyから始めるなんて有り得ない!
そう考え選んだのはnormal、実はこのeasyは道中でゲージが無くなっても終了しないけど1曲しか遊べないモードってのは後から知ったので結果的に良かった。

画面が切り替わり4枚のディスクが表示される選曲画面になった。
ディスク下に表示されている黄色い足マークの数がどうやら難易度のようで最初って事で足1個の「Have you never been nellow」を挑戦!

結果はよろけながら後ろのバーに何度も手を伸ばしつつプレイしてクリア☆
その後2曲目に足2つの曲をクリアし遂に来たFinal Stage!

調子に乗った俺は足の数が4つもある最高難易度の「My Fire」を選択!
そして驚愕した、矢印が2つくっついてる!?
初めての2連打譜面との出会いであった。

ヘロヘロになんとかゲージを無くならないようにつまづきながらも曲の最後までプレイしこの最高難易度の曲をクリア♪
高校卒業以来運動らしい運動を半年振りにやった体は悲鳴を上げつつも達成感と高揚感に満ち溢れていた♪

ゲームが終わり後ろを振り返ると以前から親しかった店員のヨシさんが居てゲームの感想を聞いてきた。
なんでも朝、稼働し始めてからプレイヤーがほとんど居なかったらしい。

調子に乗った俺は非常に楽しいけどこの程度の難易度なら直ぐに飽きるって話しをしたらヨシさんから出た驚愕の話…
ヨシ「normalとhardでは収録曲が違いさっきやってたmy fireがhardの一番簡単な曲くらいの難易度だよ」
全身の毛が逆立つのを感じた、ゲージの減りだけで曲は同じだけだと思ってたのでこれは嬉しい誤算だった。
まさに苦労してハーゴンを倒したらシドーが出てきたくらいの衝撃が全身を駆け抜けた。

それによく考えたらデモ画面で流れてたあの曲やろうと思ってやってない!?(笑)
再度100円玉を握り締め台に登った18歳の夏、長く続く戦いはまだ始まったばかりである…


続く!
posted by COMBOの鬼 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

DDRヒストリー第01話

DDRの歴史は古く、遥か昔から考案されており実際に稼働するまでは色々な時代で試行錯誤が繰り返されてきた。
これは歴史の勉強をすれば分かると思うが語呂合わせで学ぶことが出来る。

・コナミ(573年)DDRを発案
・鳴くよ(794年)ウグイスDDR
・良い国(1192年)で作ろうDDR

このように歴史の中でも平安京や鎌倉幕府の方が有名な為にその影に隠れて試行錯誤が繰り返されて遂に1998年にゲームセンターに登場した。(笑)



これは当時教習所に通いながらDDRとの出会いを果たした実体験を元にした物語である…



次の講義まで時間が余った俺はいつものように国道向かいのコナミ直営のゲームセンター「チルコポルト」へ向かう。
実は先日遂にビートマニア3rdのユーロビート「Lov to Me」をクリアしたのである!
今の俺なら「super highway」にも挑戦出来るかもしれない!

そう考え100円玉を握り締め店の入り口を潜ったら店内の配置換えがされており、
つい先日ビートマニア3rdが置いてあった入り口前になにやら巨大なゲーム機が置かれていた。

しかし、気にはなるもののプレイヤーは誰もおらず裏側に回ってみると移動させられていたビートマニアに学校帰りの高校生達がたむろしているのが見て取れた。

あの様子じゃ暫く順番は回ってこないと諦め仕方なくこの新しい大型ゲーム機をやってみようと台に登った。
まさかこの時、この先15年以上もこのゲームを通じ人生を大きく変えるこのゲームとの戦いの第一歩を踏み出したとは考えもしなかった。

まず台に乗って驚いたのは手を使わず足を使うゲームだと言うこと!
遊び方をとりあえず理解しお金を入れ前に立った俺は考えた…
手を使わないゲームか、ならばこの真ん中の決定と左右のセレクトボタンが丁度腰の高さに配置されているのは…まさかコナミこれを股間で押せと!?

っと誰も周りにいないDDRの上で一人ボケを入れながら初めてのスタートを押したのであった…



続く!
posted by COMBOの鬼 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

明るいダンレボ計画ABC♪

今日も楽しくLet's DDRの時間がやってまいりました☆

本日は特別ゲストにじゅさんをお呼びいたしました♪
鬼「じゅさんこんにちわ」
じゅ「初めまして」
鬼「それでは今日はDDRが上手くなる為のABCを勉強しましょう☆」
じゅ「男女交際ABCみたいなのですか?」
鬼「まぁそんな感じで上手くなる為に必要な事ですね☆ちなみにじゅさん分かります?」
じゅ「諦めない、勉強する、コインは先に用意しておく。とかですか?」
鬼「をを〜良い事言いますね、近いけど違うんですよ」

A.歩くように踏む

じゅ「なるほどバランスも安定し無駄の無い動きの為に必須ですね」

B.倍速は入れすぎない

じゅ「これも確かに大切、点は取れても成長に結びつき難いですからね」

C.ちゃんとパネルの中心を踏む

じゅ「そうか、早い曲で間に合わず近い場所を踏んでも拾えるように普段から慣らしておくわけか!?」

じゅ「って鬼さん?どうしたんですか?」
鬼「A…B…C…」
じゅ「あぁ、男女交際ABCが気になってるんですね、何が何か分かりますか?」
鬼「A…アナr…」
じゅ「ストップ!?ストップ!?ストップ!?」
鬼「B…便器…肉便k…」
じゅ「ちょ…おまっ…」
鬼「C…チュ〜」
じゅ「えぇぇぇぇぇぇ!!!!?」



[しばらくお待ち下さい]



鬼「猫耳にメガネをしてるのを「メガ猫耳っ娘」っていうのはどうだろう?」
じゅ「ほむ…ありだね!」
鬼「キャラセレクトのオプション、何でX3の時顔に指糸箱着けるとか謎なのしか用意しなかったのかな…」
じゅ「メガ猫耳があれば良かったのにwww」
鬼「うはっwww」

ちる「ホーソーハジマッテルヨ!」

二人「っ!!!?」


鬼「っと言うわけで今日はここまで、今日はツッコミ担当にじゅさんをお呼びしました」
じゅ「っ!?」
鬼「それではみなさんまた〜」




…放送終了後…
じゅ「鬼!これから一勝負だ!」
鬼「良かろう、我の下半身の凄さ見せてやるわ!」
ちる「止めて二人とも!私の為に争わないで!」





っと言うわけでまた次回〜♪


つか、コレ日記じゃないどころのレベルじゃないな(笑)
posted by COMBOの鬼 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

グラフ関連の補足とDDR仲間を作る場合の作法(狂)

さて、今日の話の前に前回の補足☆

グラフが伸びるとそれに伴い名称が付きます☆
そして全ての項目がMAXの100になると限界を突破して上限200まで増えるようになります。
名称は全ての項目が198を突破すると最高位の「真・足神」になります。
覚え方は「198(いくわ)足神!あの〜パンツ見せてもらっても良いですか?」テストに出るから要チェックだ!


さて、今日はやってみたいけどまだプレイ出来ない方のお話。

まず、男性で未プレイの方は「やってみたら意外とどうって事ない人」の略で「どうってい」
女性で未プレイの方は「バーサスで上手い人と一緒にやってもらったら良い人」の略で「バー人」っと一部で呼ばれているので覚えておきましょう。

この「どうってい」さんと「バー人」さんはやはり上手い人が居ると中々踏んでみたくても踏めないと思うので見かけたら上手い人が声をかけてあげるのがマナーです。
これは昔作られた作法があるのでそれに習って誘ってあげると良いでしょう。
まず、椅子に座り足を組みます。
胸元を少し開いて優しく声を掛けてあげましょう
「ヤラないか?」


また、慣れてきた時に良くあるのが順番がどう並んでいるのか分からないって場合。
中々一列に並んでいる場合が少ないのでそういう時は話しやすそうな近くの人に声をかけてみましょう。
「アソコ(コイン投入口)に自分の(100円玉)入れさせてもらっても良いですか?」
笑顔で話しかけるのがポイントです☆

また相手が異性の場合は気を使いすぎると後から気まずくなる場合が多いのでラフな話し方で…
「(DDRを)一発やらせてもらえませんか?」
この作法をしっかりしていればかなりの確率で順番を譲ってもらいプレイ出来ると思いますので是非これからゲームセンターへ行ってLet's DDR♪


※地域によっては誤解を招く場合がありますので参考程度に御利用下さいませ。
posted by COMBOの鬼 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音ゲー攻略? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

今日はグラフを見て特徴を捉える勉強をしましょう♪

はい、それでは今回はグラフの見方を紹介しましょう♪
慣れれば初めての曲でもこれを参考にプレイ出来るので是非会得しましょう♪

まず、グラフには全部で5つの項目があります。
・ストリーム
全体密度の事で得点がステータスに反映されます。
これが高いほどとっても濃いデートが楽しめます。ただ、濃すぎて疲れてしまうのには注意。
・ボルテージ
部分密度の事でコンボ数がステータスに反映されます。
趣味の分野に力が入っている場合が多いので合わない人は辛い思いをするかも、何時間もア○メイトに居られてもねぇ…汗
・エアー
同時押しの密度で得点がステータスに反映されます。
嬉しくて飛び跳ねてるだけなら良いのですが頭の中身が飛んでる人には注意。
・フリーズ
フリーズアローの密度でOK率がステータスに反映されます。
待ち時間や移動時の乗り換えが何故か増えるタイプ、電車の乗り換え時間を上手く潰せれば良いのですが無言で二人して携帯イジリだすとヤバいです。
・カオス
曲中の変則的リズムの密度でどれだけゲージが減少しなかったかがステータスに反映されます。
テンションが上下しやすいので後から「こんな人だとは思わなかった」って事もしばしば…

これが曲を選ぶ時のグラフの見方です♪
ち・な・み・に・ステータス画面でのグラフの見方は…

・ストリーム
フィニッシュまでの密度、高いと濃厚で深く愛してくれます。
・ボルテージ
高いと瞬間的な腰の振り等気合いが凄くなる、ただ体力切れが早い場合が多いので…
・エアー
高いほど騎乗・駅弁など上下に動くスタイルが得意になる、足腰がぱねぇ!
・フリーズ
高いほど束縛依存が多く縛りや監禁プレイが上手い
・カオス
高いほどアブノーマル系が得意、Mな人との相性が…

つまりこれらを統合すると…
ストリームとカオスが高い人はどぎついアブノーマルプレイが得意、しかもネチっこい(笑)
ボルテージとエアーが高い人は短いけど激しいプレイが得意、延長なしの休憩でお財布にも優しい(笑)
カオスとフリーズとエアーが高い人は縛って三角木馬に乗せて激しく…どMな人は狙い目☆
あくまで一例なので全てが全てでは無いので参考程度にして下さいね☆


それではまた次回お会いしましょう〜♪
posted by COMBOの鬼 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音ゲー攻略? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

DDRの曲を選ぶ時に知っておきたい知識

皆さん〜DDRしてますか〜♪
日記を読んで始めた方も更なる上達を目指す方も一緒に勉強し楽しく踏みましょう♪

さて、今日はDDRを始めたけどどれをやったらいいのか分からないって方のために用語と選択方法を紹介しましょう♪
幸い選曲画面で曲に合わせると曲の一部が流れるのでそれを聞いて一目惚れしたら手を出してみるのも良いかもしれません♪
運が良ければOKもらって、食事→映画→食事→飲み屋→食事→ホテル→食事…
何食喰うんだよ!?(笑)

その画面でレベルが19段階で表示されてるので参考にしましょう☆
ちなみに足元の上向きち○こマークを2回足コキすると一段階優しく、下向きち○こマークを2回足コキすると一段階難しくなります。
女性がプレイしてると選曲画面から興奮が止まらない素晴らしいゲームですね☆

続いてもう一つの判断材料にBPMがあります。
これは1分間に出る4分リズムの数で数値が増えれば増えるほど曲が早くなります。
ちなみにBPMとは「ブラジャーとパンツが見えた!」っと思春期の青年が興奮した時の心拍数から来ているという節があります(笑)

その他にグルーヴメーターで譜面を判断する方法もあります。
画面に表示されてるグラフがそれでこれを見ればその曲の傾向がプレイ前に予想できるのです。
更にプレイ後、自らのステータスを表示するグラフを変化させるのにも関わって来きます。
この自らのステータスはゲーム開始時と終了時に画面に表示されますので周りからも見え逆ナンに発展する可能性もありますから期待に胸と股間を膨らませワザとその画面で屈伸したりして時間稼ぎして見せつけましょう(笑)
それではこのグラフの見方っと今日は時間の都合でここまでみたいですね、次回はグラフの見方に付いて詳しく説明したいと思います♪

それではまた<(_ _)>
posted by COMBOの鬼 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音ゲー攻略? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

DDR学園、本日の授業はショックアローB

前述の3点でプレイすれば良いのですが上級者がやってしまうミス!
「あれ?避けたはずなのになぁ?」
そう、避けたのにショックアローが反応してしまう現象!
実はこれ、ベタ踏みの人ほどなりやすい現象で足先はパネルを避けているのに踵が触れていた、もしくは逆パターンと言うことなのです!
そう、悪気があったわけではないのだが偶然持ってた傘が女性の股に食い込んでいた現象です!

これを避ける為に、ショックアローをプレイする時は爪先立ちをお勧めします。
女性の股に入る前に自分の股に挟んで電車の振動で揺れる傘が股間に刺激を与えるので悶絶しましょう(笑)


さて、長くなりましたがこれにてショックアロー講座を終わりたいと思います。
たった4枚のパネルと2本の足しか使わない筈のこのゲーム、まだまだ奥が深いので日々精進を怠らないように頑張りましょう♪



追記:あっ実際に触ると犯罪、触れるか触れないかの極限状態を味わうのは未遂、頭の中で吊革に足先を引っ掛けて逆さまになりながら女性の尻に顔面を沈める妄想をするのは合法です(爆)
posted by COMBOの鬼 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音ゲー攻略? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

DDR学園、本日の授業はショックアローA

さて、このショックアロー…
上級者の方で苦手にされている方も多いかと思います。
でも考え方次第でとても楽しくなります♪
よく考えてみて下さい…
見てると問題は無いけど触るとヤバい!
触りすぎたりしてゲージ(運?)が無くなるとゲームオーバーになる!
まるで満員電車の痴漢じゃないですか!?
捕まるか捕まらないかの極限のスリルが味わえるプレイスタイル!それがショックアローなのです。
ゲージが無くなるまではよろけて当たっちゃったっで済むのも優しいですね♪
このギリギリの体験を100円で味わえるなんて素晴らし過ぎます☆

そんな楽しいけど難しいショックアローをクリアする為の方法を紹介しましょう!

@パネルに足を置かない!
分かり易いですね、ジャンプしてパネル以外の場所に逃げましょう
触らぬお尻に祟りなし!

Aジャンプで飛び越えてかわす!
その後のタイミングが取りづらいが華麗に避けるその姿はまさに飛び立つ白鳥!
両手を挙げて「私触ってませんよ!」をアピールしましょう。

Bパネルじゃない部分で空踏みを入れる!
高等テクニック、高難易度譜面では必須のテクニックです。
手のひらではなく手の甲でお尻ではなく腰に触れる、不可抗力をアピールするのを忘れずに!



続く
posted by COMBOの鬼 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音ゲー攻略? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。